教会情報や近辺のお店情報などをUPして行きます!〜[:危険:]ブログ内の広告は無関係なのでクリックしないで下さい!(特に携帯から観覧の場合)〜
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

日本時間(Japan Time)
天気情報
Favorite
Mobile
qrcode
Sponsored Links
【モーセの律法&#8644;イエスの恵みΑ
(ヨハネ1:17)
律法はモーセを通して与えられたが、恵みと真理はイエス・キリストを通して現れた。

【チョッと一言】
義の住む神の国は、この世であれ、宇宙のどこかであれ、四次元の世界であれ、心の罪と行いの罪が処理されて成り立ちます。旧約聖書の舞台になっている神の国のサンプル=ユダヤ民族、イスラエルの国では、モーセの時から「罪を犯したら死」という大前提の基で二千年間、神と人との関係で法律に違反した人の命を取り戻すためには動物が身代わり、生け贄とされました。贖いとは、「死ぬべき命を取り戻す」という意味です。ふり返ればこれは、罪の後始末だけで、その度に動物を買っての犠牲が繰り返されました。

二千年経ってついに神御自身が、イエスという名で人と同じ姿になって人の罪の生け贄となるためにユダヤのベツレヘムで生まれたのです。その年を紀元元年(正確には紀元4年)として、西暦は数えます。イエスは二千年前の十字架の一回の生贄で、その年から今月この日まで、否、これからのすべての人の一生分の罪、未遂の分も含めすべてを先取りして、刑罰としての死の身代わりとなられました!しかもイエスにはマリヤの胎内にいるときから最後に息を引き取るまでの間に心にも行いにも神の前にも人との関係においても唯の一つさえも一秒も違反がなかったので、身代わりの効力が罰を受けるだけの身代わりに留まらず、正しいことも人の代わりにしてくださったことになり、ついに旧約時代の贖罪の完成となりました!

だからこそ、そう信じるだけで、神の前に「イエスに免じてイエスと同じく罪を犯したことがないだけでなく、良いこともきっちりやった」とまで見てもらえる!これ以上のとびっきりのビッグニュースを僕は知らない。


2017.08.22 Tuesday 06:29
今日のことば comments(0)
【モーセの律法&#8644;イエスの恵みァ
(エフェソ1:4-7)
天地創造の前に、神はわたしたちを愛して、御自分の前で聖なる者、汚れのない者にしようと、キリストにおいてお選びになりました。イエス・キリストによって神の子にしようと御心のままに前もってお定めになった。神がその愛する御子によって与えてくださった輝かしい恵みを、わたしたちがたたえるためです。わたしたちはこの御子において、その血によって贖われ、罪を赦されました。これは、神の豊かな恵みによるものです。

【チョッと一言】
天地創造の前に神は、我らをそういう御自分の子にしようと考えられたのです。だから、この神に向かって父と呼べるんだよ。キリストにおいてという意味は、私たちを「長子イエスと同じ神の実子」として見なすだけでなく、我々が従順であれ、放蕩息子、放蕩娘であれ「何の差別もない」ということです!日本語訳聖書では、「子」ではなく「御子」と、敬語を入れているが違和感がある。親近感を持たせず、近寄り難くさせる。父、子、聖霊の神の人格の「子」の中に、十字架の血でつながる我々も神の子として、その「子」の中に入れてみると、もうメチャクチャ光栄。誰もこの感激に冷や水かけられない。教会、神の国、神の家族は恵みだけで成立し、存続し、それが栄光になる!教会は恵み=資格がない者ばかりの集団で結構さ。

父である神は、我々神の子一人一人に自分の能力を分与して個性を持たせ、イエスと同一の神の子にしてくれた!十字架のイエスを信じ受け入れるだけで血を分けた兄弟だ!これこそ恵みの恵み!特権中の特権!


2017.08.21 Monday 06:29
今日のことば comments(0)
メッセージノート(8月20日)

便箋引用聖句(マルコ12:32、詩編36:7)

 

「『神は唯一ですある。ほかに主はいない!』それは本当です!」

 

イエスさまの時代に、聖書を隅から隅まで勉強(暗記するほど)していた律法学者が言った神の子イエスに言った一言です。さらに・・・

 

「『心を尽くし…隣人をあなた自身のように愛する』この命令は、全焼のいけにえや供え物よりも、ずっとすぐれています。」

 

そう答えた律法学者に対してイエスさまが『あなたは神の国から遠くない。』と言われました。

 

後は『神の国に入る条件はただ一つ』、神の子イエスさまを通して(信じる)以外『無い!』という事です。

 

 

この終わりの時代のクリスチャン達は、何よりも先ずイエス・キリストを信じる人達が、益々増えて行くことを願います。簡単なのに難しい!難しいようで簡単!!(人間の知識や教えが神の域に届くことは無いのだから…イエスさまを信じる強い心で変えて行きたい♪)



2017.08.20 Sunday 20:20
メッセージ comments(0)
【モーセの律法⇔イエスの恵み】

(エフェソ1:4-7)
天地創造の前に、神はわたしたちを愛して、御自分の前で聖なる者、汚れのない者にしようと、キリストにおいてお選びになりました。イエス・キリストによって神の子にしようと御心のままに前もってお定めになった。神がその愛する御子によって与えてくださった輝かしい恵みを、わたしたちがたたえるためです。わたしたちはこの御子において、その血によって贖われ、罪を赦されました。これは、神の豊かな恵みによるものです。

【チョッと一言】
★自分の造ったものをこよなく愛される神(ヤーウェ)は、私たちが生まれる前どころか、神の居られること、神を知らない前にどころか、「光あれ!」と天地創造する前から自分が創造した人間が、罪を犯す生涯を歩むことを熟知し、人の子でありながら、罪のない自分の子にしようと計画された。誰が反応するか前もって知る神は、既に(創世記以前に)その人を選んでおられた。一旦、神が愛されると、その時以来ずっとその愛は浮かず、衰えず、冷めない。その後の生活態度次第で愛の強弱がついたり、変化しない。だから人間並みに神の愛を考えるのは自殺行為だ。

★自分の真面目さでは、神の前に立てっこない!罪に向かう本質は変わらず、たとえ良いことしても、自慢して高慢の深い穴に転落するのがオチ。クリスチャンの中にも人間並みの善行で「神の御心に俺は従ってる」と高をくくってる律法学者、ファリサイ派風が増えて、世界中にごまんといる。そのことを前もって知っても、胎内にいる時から最後の一息まで生涯通して完全な義人の第一号イエスを用意された。

私たちは罪人性を持ったまま、不完全なままで神の義イエスにあやかって良い。義の衣イエスを着ていれば、自分の実際が聖くならなくても、永遠に神に通じる「聖なる者」「汚れのない者」と見てくださる。だから恵み。これでしか絶対に人は救われない!



2017.08.19 Saturday 06:30
今日のことば comments(0)
【モーセの律法⇔イエスの恵み】

★(ヘブライ9:11-12)
キリストは、既に実現している恵みの大祭司としておいでになったのですから、人間の手で作られたのではない、すなわち、この世のものではない、更に大きく、更に完全な幕屋を通り、雄山羊と若い雄牛の血によらないで、御自身の血によって、ただ一度聖所に入って永遠の贖いを成し遂げられたのです。
★(ヘブライ10:14)
キリストは唯一の献げ物によって、聖なる者とされた人たちを永遠に完全な者となさったのです。

【チョッと一言】
心にも行いにも不純が混じってる人間に代わって生け贄となられただけではなく、完全な義と聖の大祭司としてイエスさまが最も聖なるところ(至聖所=Holy of Holy)まで進んで執り成して下さったのです!私たち個人個人のイエスさまに出会う前の分だけではなく、更にイエスさま信じた後でも積み重ねる罪過ちの一生分までも先取りして赦し、罪状書きを消去してもらっている。更に更に日本中のクリスチャンの集まりであるすべての教会も団体として聖なる集団とされました!更に更に更に教会を完全な者たちの集団と見なしてくださった!自分の行状の現状がどうあれですぞ!

こうなると、もう宗教じゃないんだ。口癖みたいに指導する「悔い改めれば」の次元じゃない!罪の告白が先じゃない!順番が逆だ。あなたが行動起こす前にだよ。神からの十字架が、赦しが先にだ。イエスさまの方があなたを先に受け入れてくれてたんだ!二千年も前にだよ!あらゆる祝福は先回りして待ってる!



2017.08.18 Friday 06:29
今日のことば comments(0)
【モーセの律法⇔イエスの恵み◆

(マタイ27:50-53)
イエスは再び大声で叫び、息を引き取られた。そのとき、神殿の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂けた。

【チョッと一言】
モーセの幕屋の奥の第二の幕屋に置かれていた契約の箱は、命の領域です。純金で出来ていたことは、どんな立派な人物でも、山を動かす信仰者でも神の最低の基準にも達し得ないのですから、クリスチャンの清さは、中身は銅でも神の義を塗られた金メッキです。ましてや、「罪を犯さないなら、罪を悔い改めれば、神に受け入れられ祝福される」と教えるなら、それで聖なる神に通用すると信じているのなら、偽善者です。柔らかな物腰でも高慢ちきで、他人を指導する前に自分のこと、基本すら分かっていない、誰よりも神を恐れない哀れな指導者です!神に近づくには全き聖でないといけない!世界でイエスさまの義、イエスさまの聖だけしか神には通用しない!復活が揺るがぬ全き聖の証拠です!パウロでもヨハネでもペトロでもマザーテレサにあやかっても、ローマ法王も十字架で赦され贖われた同じ罪ある神の子仲間。イエスさまは言われた。「私によらなければ誰も父のもとに行けない」と!「イエスの名によって・・・」とはそういう意味です。

物凄い恵み。イエスさまが十字架で息を引き取られたとき、当時の神殿の聖所と至聖所を仕切っていた幕が裂け落ちました。その時以来二千年、どんな罪人、犯罪人でも、頑固で不信心でも、清くならなければではない!最も聖なる場所に、神の領域に、汚れた自分のままで往来できることになりました!これが全世界に発信されるべき朗報!とっておきのニュース!福音です!



2017.08.17 Thursday 06:29
今日のことば comments(0)
【モーセの律法⇔イエスの恵み 

(ヘブライ9:1-5)
最初の契約にも、礼拝の規定と地上の聖所がありました。すなわち、「第一の幕屋」が設けられ、その中には燭台、机、そして供え物のパンが置かれていました。この幕屋が「聖所」と呼ばれるものです。また、「第二の垂れ幕の後ろ」には、「至聖所」と呼ばれる幕屋がありました。そこには、金の香壇と、すっかり金で覆われた契約の箱とがあって、この中には、マンナの入っている金の壺、目を出したアロンの杖、契約の石板があり、また箱の上では、栄光のケルビムが償いの座を覆っていました

【チョッと一言】
モーセの幕屋礼拝場は、二部屋の仕切りがあり、奥の第二の幕屋は、至聖所と呼ばれ、純金で造られた箱に、純金で造られたケルビムが、純金で造られたい蓋を覆っていました。純金は、どれもこれも神の完全なる聖、義、清さを象徴しています。人間性が全くないという点からも人の義では入れない。至聖所にはどんなに自分を磨いても、人間の持つ真面目さ、立派さ、立派な人柄程度では入れない。清くなれば神に受け入れられるという考えほど傲慢な罪はない!



2017.08.16 Wednesday 06:29
今日のことば comments(0)
【私の祈り】
(創世記1:31)
神はお造りになったすべてのものを御覧になった。見よ、それは極めて良かった。

【チョッと一言】
目に見えるものも見えないものも存在するものはすべて、神しかいない時代に、神が造られて現れたものです。人もそうですから誰も歴史以前にはさかのぼれません。「極めて良かった」。「完全とは、良いとか悪いのレベルや次元で計ることではなく、本来は、人も、人の作業も全く介入出来ないこと」を言います。創造と修正改善とでは本質から違う!

神の国は、悪だけがないところじゃない。善もないところです。善悪の概念は人のレベル。それって人の頭で想像した次元であって極めて厚かましくも、創造主なる神に対向した発想です。神の統治される国は、罰しかもたらさない人による善悪の論理と法則を超越している!

神の愛と知恵で個性的に極めて良く造られた自分に生きるには、人間による哲学、宗教道徳を消し去り、完全な人イエスさまと自分を合体させることしか他にありません。十字架で死に、三日目に復活したイエスさまだけが、人を地上においても善悪の倫理法則、束縛からあなたを解放し、善と悪のどちらにも捕らわれなくなる。クリスチャンは、善悪の二元論で変質した自分を創造のメカニズムに戻すことで、部分的にではなく善悪の論理に左右されない本来の自分の全体を回復される!


2017.08.15 Tuesday 06:31
今日のことば comments(0)
【自分を責めたり人を責めるばかりは能じゃない!NO!】
(ロ-マ6:23)
罪が支払う報酬は死です。しかし、神の賜物は、わたしたちの主キリスト・イエスによる永遠の命なのです。

【チョッと一言】
罪がもたらす結果は死!でも神からではない!すべての人は神のかたちに創造されたが、罪を犯さないようには初めから造られてない。むしろ、天地創造の前に先をすべてお見通しの聖なる神は、人が罪を犯しても徹底して愛し通すと覚悟された!人を罰せず赦し、罪を帳消しにし、更に義とする贈り物まで用意周到、準備して創造の第一声「光あれ!」と発せられた。

人を愛の対象として創造された聖なる神が考えられたのは、罪は罪として見逃せないが、他者が代わりに死ぬということで良しとされた。初めの時代は動物が代わりに、終わりの時代は神自ら生け贄となられ、私の一生分の罪と罰の方程式は無効。抹消、破棄された!死んでからではない!この世に生きてるうちに!イエスさまが私の罪の生け贄・キリスト・贖い主となられたので、イエスさまの完全な義でカバーされている。私にはもう最後の審判はない!

旧約聖書でのあちこちに起きた神からの裁きってのは、神を信じないばかりか反抗する者に向けられた。素直にイエスさまを救い主と信じ受け入れれば良いのです。弱いも強いもない。信仰も、イエスさまの完全な信仰でカバーされてる!これこそが天地創造前に制定された永遠の命だ!何から何までイエスさまのおかげだよ!


2017.08.14 Monday 06:29
今日のことば comments(0)
メッセージノート(8月13日)

便箋引用聖句(1テモテ4:1-10, ローマ5:1)

 

『信仰』『信心』信じる人々の救い主、生きておられる神(イエス)に希望を置く!この言葉(イエス)は真実であり『そのまま』受け入れるに値します。

 

本当に必要なことは、このことを信じる心ですね。



2017.08.13 Sunday 14:10
メッセージ comments(0)
1/128PAGES >>