教会情報や近辺の情報などをUPして行きます!〜[:危険:]ブログ内の広告は無関係なのでクリックしないで下さい!(特に携帯から観覧の場合)〜
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

日本時間(Japan Time)
天気情報
Favorite
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 【神の愛、それはイエス!十字架!】 main 【イエスさまに結ばれる  >>
【神の愛、それはイエス!十字架!ぁ
(競謄皀4:7-8)
わたしは、戦いを立派に戦い抜き、決められた道を走りとおし、信仰を守り抜きました。今や、義の栄冠を受けるばかりです。正しい審判者である主が、かの日にそれをわたしに授けてくださるのです。しかし、わたしだけでなく、主が来られるのをひたすら待ち望む人には、だれにでも授けてくださいます。

【チョッと一言】
パウロが言った信仰の戦いとは、律法を守ることで罰を免れ、祝福を得られるとする善悪論の律法主義のこと。初めっから人間には無理な試みであり、神の意志ではない!一点一画も漏れず完ぺきに実行されたイエスさまを信じ受け入れるだけで神の義をもらえるとの信仰を持ち続けるには自分の内に根を張ってる律法主義は強敵。イエスさま信じ受け入れても、逆にもっと律法的にさえなる。最後までイエスさまによる恵み信仰を貫くには、パウロみたいに自分との戦いが続く。

決められた道とは、世に「イエスさまだけが唯一無二の完全な罪の贖いだ」と首尾一貫、徹頭徹尾、信じ通すこと。たとえイエスさまを信じ受け入れても、それは聖めへの第一歩だとする人は、今まで使っていた“神さま”とか“主”という呼び名を使い続けるので、昔のイスラエル以上に、より一層の律法主義になり、抜け出せない。


2017.06.16 Friday 06:30
今日のことば comments(0)
スポンサーサイト


2017.10.21 Saturday 06:30
- -
comment




/PAGES