教会情報や近辺のお店情報などをUPして行きます!〜[:危険:]ブログ内の広告は無関係なのでクリックしないで下さい!(特に携帯から観覧の場合)〜
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

日本時間(Japan Time)
天気情報
Favorite
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 【神の国と神の義とはイエスさまを信じきること】 main 【十字架でもらったのは、イエスさまを楽しむための命】 >>
【そうじゃないかえ、皆の衆】
(マタイ6:26-30)
・・・空の鳥を良く見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの父は鳥を養ってくださる。あなたがたは,鳥よりも価値ある者ではないか。・・・野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。まして、あなたがたにはなおさらのことではないか。信仰の薄い者たちよ。

【チョッと一言】
「空の鳥を見なさい。野の花を見なさい。」分かりやすい!神さまに祝福され幸せになるためには「こうしなければならない」「こうしてはならない」と条件ばかり並べて悔い改めを迫ったり、罪、泥を吐かせようとすることしか頭にない思い上がりの指導者や自己過信の信仰者に対してかなりきつい言葉です。当時の一般人は、彼らの説法に聞き飽き、「またか!」と、ウンザリしてました。「働きがないのに」とは、「条件を満たしていないワルに対しても神さまからの一方的な計らいで」という意味であり、「働きがなくても(良いところが全くないのに)いただける恵み」という意味です。柔和で忍耐深いあの神イエスさまがそういう指導に対して、怒った!「信仰の薄い者たち」と糾弾された!イエスさまの昇天後、聖霊を口癖にし、律法学者風の連中が減らない。

信仰とは心配しないこと。信じきってることです!“信仰”“信仰”と口にする人ほど、不信仰だったり!信じきってる人は、口で言わなくても平安だから、口にしない!


2017.08.03 Thursday 06:29
今日のことば comments(0)
スポンサーサイト


2017.08.22 Tuesday 06:29
- -
comment




/PAGES