教会情報や近辺の情報などをUPして行きます!〜[:危険:]ブログ内の広告は無関係なのでクリックしないで下さい!(特に携帯から観覧の場合)〜
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

日本時間(Japan Time)
天気情報
Favorite
Mobile
qrcode
Sponsored Links
【十字架で贖われて初めて自分らしさが活かされる◆
(詩編150:6)
息のあるすへてのものに主を賛美させよ。賛美せよ。

【チョッと一言】
「私はイエスさまに似せて造られた」神の創造は、人の製造とは違って画一的なJISマーク、JASマーク人間じゃないということです。

神がくださったあなたの個性は見殺しにしてはいけません!パウロがコリント教会への手紙で、“私たちは栄光から栄光へと主の姿に変えられていく”と書いていますが、それはイエスと父なる神と同じように「私も私なりにますます長子イエスと並ぶ神との関係になる」という意味です!これぞ恵み。だから栄光。独自性、個性が一人一人違う神の創造!最近は遺伝子の研究が進み、人が何十億いようが、同じ人は一人もいないことがわかってきてる時代です。あなたは自分発見するように、人と比較しても優越感も劣等感も抱かなくて済む。“突っ張った自己主張”などしなくてもいい!「創造の昔からイエスさまと重なった、ありのままの自分」で再出発するように十字架で贖われたんだから。賛美も自分の賛美になる。

そうすると、あなたに備え付けのエンジン(イエスさま親交)が爆発して善悪をかき分け、遠かった天国と地球の距離が縮まるどころか、息するのと同じ距離になる!


2017.12.05 Tuesday 06:30
今日のことば comments(0)
【十字架で贖われて、私に生きる 
(詩編150:6)
息のあるすべてのものに主を賛美させよ。賛美せよ。

【チョッと一言】
\蚕颪ら「イエスさまが私のキリストである」ことを知ったとき、他の喜びとも違う、ふり返ればその後のどんな喜びとも違う、これまで味わったことのない喜びを私は経験しました!どっちが優れているとか、どっちが高尚かの次元とは異質の喜びです!なぜなら、私の原点に立てたのだから。

△修譴鬚っかけに世界と自分史を逆算して創世記に進める。イエスさまは今から二千年前に人として顕れたけど、私の生まれる遙か以前、すなわち世界の初めから(この初めは歴史の始まる前からという意味)存在していた神であり、天地創造を手がけ、イエスさまの心にはその時既に私もいた!イエスさまに似たものとしてかたどられていた!それを知ったら、嬉しくてじっとしてられない!もう既にその時に「私のキリスト」であったと知ると、私の全心と全身を命の霊が躍動するのを禁じ得ません。


2017.12.04 Monday 06:29
今日のことば comments(0)
【やっぱ幸せだ!】
(ガラテヤ2:20)
生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです。

【チョッと一言】
同感です。でも敢えて言うまでもなくわたしは人間そのもの。「立派なイエスさまのようになった」という意味ではありませんよ。むしろ、「何十年経っても一向に立派にならないわたしに飽きもせず一緒にいてくださる」という意味です。

わたしが言葉の人でもないのにそれでも、イエスさまのことを話したがるのは当然、使命感や召命感からではありません。僕にとっては「私は主に選ばれ、油注がれた者だ」と誇示したがる聖職者面や高圧的な態度の振る舞いなど愚の骨頂!嬉しいからだけなんです!

パウロは別のところで「誇る者は主を誇れ」とも言ってますが、それも未だ自分とイエスさまを分けた言い方です。

イエスさまは、僕の存在そのものです!命そのものです!永遠の運命共同体。だから、僕の好み、趣味、興味、やりたいこと、正しいこと間違ってること等々、人生の営みのどの領域でもイエスさまがいてくれる。十字架の贖いの凄さが身に染みて嬉しい!きっとこれを自意識、自我からの解放と言うのだろう!


2017.12.02 Saturday 06:29
今日のことば comments(0)
【イエスさまはあなたにとってどれだけの人?】
(マタイ7:13-14)
狭い門から入れ、滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない。

【チョッと一言】
イエスのこれらの言葉は、当時のイスラエルの社会を踏まえて語られた訳ですから直接的には聖書に詳しい人、聖書を教える人、聖書の言葉に生きようとしている人に対してです。アブラハムから三千年、完璧に実行できた人はいませんでした。人の寿命は短くなりました!だから、天地の主はアダムに「善悪の知識の木の実を食べるな」と命じられたのです。そのことが良く良く身に染みるための三千年でした。ついに主なる神がイエスとなってくださり、主を受け入れる人に自分の義と命を回復するための十字架の時間稼ぎになりました!

イエスさまは、不信者に「私を信じれば命が得られる」と伝える前に、当時の聖書信仰者たちに告げられました。でも国全体としては受け入れなかったのです。そして肉(アブラハムの血統)によらないクリスチャン教会(霊のイスラエル)の時代になっても、恵みの時代の終わりに近づくにつれ、教会(エデンの園)には色々な教えの百花繚乱、善悪論の花園化してセミナー流行り。「イエスさまと十字架だけで十分」と福音にだけ堅く立つクリスチャンの何と少ないことか!


2017.12.01 Friday 06:29
今日のことば comments(0)
【勘違いが甚だしい戒律趣味】
(マタイ5:45-46)
父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださる。自分を愛してくれる人を愛したところで、あなたがたにどんな報いがあろうか。徴税人でも、同じことをしているではないか。

【チョッと一言】
イエスは当時の宗教熱心、信心深い人に一般常識化している概念を破壊し、払拭されました。どの民族にも先駆けて真の神を啓示されたイスラエルでしたが、高慢になるだけで最も神知らずになってしまいました。天地の主なる神は、無条件で無期限で無制限で無尽蔵の慈しみと恵みの神なのに、指導者たちは自分達が厳しい条件付き、出し惜しみし、ある時期しか祝福しない神が好きなので戒律で縛る指導したのです。威張り腐ってる彼らに対してイエスさまは、「もし神が自分に従う正しい人、良く頼ってくる、祈る、献げる、奉仕するものだけに良くされるんだったら、あんたたち並みだよ」って皮肉タップリ叱責されました。イエスさまは、完全に神の義を全うされた唯一の人!イエスを慕う者には、ただそれだけで、その人の功績にしてくださった!これだから、昔も今もこれからもキリスト。メシア。救い。贖いです!

あれから二千年、その後の教会(主にイスラエル以外の民族で構成される)もやはり同じようになる。イエスさまに聞こう!


2017.11.30 Thursday 06:29
今日のことば comments(0)
【僅か一回で永遠の贖いとなる格別の恵み】
(イザヤ43:1-2,7)
ヤコブよ、あなたを創造された主は、イスラエルよ、あなたを造られた主は今こう言われる。恐れるな、わたしはあなたを贖う。あなたはわたしのもの。わたしはあなたの名を呼ぶ。水の中を通るときも、わたしはあなたと共にいる・・恐れるな、わたしはあなたと共にいる。

【チョッと一言】
ヤコブとイスラエルのところを、あなたの名と入れ換えて読んでみよう。大いなる主は、一度名指しで呼び、その呼びかけに応じた者を決して見捨てられない。人の神への一回の応答は、お返しとして神から永遠の贖いが贈られる!天地創造前から全てを知る我らの神には想定外はない。あなたがたとえ人生の途中で迷い込んだり、横道に逸れても「こんなはずじゃなかった」「こんなことになるとは」「こういう人とは思いもよらなかった」とは悔やまれない。我々の口癖。《創造主なる神》は《全知の神》。我々の誕生から死までの人生の全行程を知った上で選ばれたのだから離れないで、何時いかなるときも共にいる《霊》として、見守る《父》として一緒に行動される。それもそのはず、《救いの神イエス》として罪過ちを贖い続けてくださっているからです!イスラエルの歴史そのものが 生きた証拠であるように、イエスを我が主、我が神と選んだあなたにもそうだ。


2017.11.29 Wednesday 06:28
今日のことば comments(0)
【比類なき神の愛の本質=それがイエスさま】
(汽茱魯4:8)
愛することのない者は神を知りません。神は愛だからです。

【チョッと一言】
「神は愛なり」ここでストップ!「だから、愛し合いなさい」との勧めというより、「愛してみれば、自分には愛がいかにないかに気付く」という意味の方が良い。私の神御自身は、“どんな人をも愛さなければ”とか、“受け入れなくちゃいけない”とかいう宗教心、道徳心やカウンセリング療法、哲学、神学論や努力で私を愛さない。もしその次元なら神は十字架の死で見返りを求める。応えなかったら神からの恨み節で終わるに違いない。愛は徹すると十字架に辿り着く!人にはそれは出来ない!

十字架にかかったイエスさまを見上げると、先ず誰よりも「自分のような者が愛され、受け入れられ、赦されている事実と実感」が、私の全身と全心を覆ってしまうのを経験しました!

愛とは私には到達できない理想郷。奇麗事。「イエスさまは僕を愛している」より「僕のこと大好きなんだ」の方がピンと来る。私の語録では、「好き」には一般的な軽い意味から「一旦好きになれば、相手がどういう人格であろうが構わない」という究極の神の愛と同じ意味になってる。


2017.11.28 Tuesday 06:29
今日のことば comments(0)
【使える、仕える高齢者А
(創世記17:15-17)
神はアブラハムに言われた。「あなたの妻サライは、名前をサライではなく、サラと呼びなさい。わたしは彼女を祝福し、彼女によってあなたに男の子を与えよう。わたしは彼女を祝福し、諸国民の母とする。諸民族の王となる者たちが彼女から出る。」アブラハムはひれ伏した。しかし“笑って”、ひそかに言った。「百歳の男に子供が生まれるだろうか。九十歳のサラに子供が産めるだろうか。」アブラハムは神に言った。「どうか、イシュマエルが御前に生き永らえますように。」神は言われた。「いや、あなたの妻サラがあなたとの間に男の子を産む。その子をイサク(彼は笑う)と名付けなさい。わたしは彼と契約を立て、彼の子孫のために永遠の契約とする。」

【チョッと一言】
アブラハムもサラも名前負け。「恵みの選び」だってすぐ気がつきますよね。神と交わされる契約では、人間はやるべきことを果たせない!神の側で一方的に全面的に実行されるもの!アブラハムもサラも「そんなことねえだろ!?あるはずありません!」と笑った。この時だけじゃない。18章10ー15節を読むと、又もや不完全な信仰丸出し。でもなんと私の神は「笑った」「笑わなかった」の押し問答。ユーモアたっぷり、皮肉チョッピリで二人に生まれる子どもに名前まで付けてくれた。「笑う」だって!この時も、三千年後イエスとなっても変わらず、器が大きく無限大!


2017.11.27 Monday 06:29
今日のことば comments(0)
【使える、仕える高齢者Α
(創世記17:1-7)
わたしは全能の神である。あなたはわたしに従って歩み、全き者になりなさい。・・・これがあなたと結ぶ契約である。あなたは多くの国民の父となる。あなたはもはやアブラムではなく、アブラハムと名乗りなさい。

【チョッと一言】
カナンに住んで十年後、アブラムは待ちきれず、約束を信じきれず、サライも同意の上で二人してエジプト人の女奴隷ハガルを側目(そばめ)にし、男の子イシュマエルを産ませてしまった。そして、アブラム九十九歳の時、サライ八十九歳の時、再び主が現れてこの言葉を下さった。使徒パウロは、アブラハムのことを「信じ得ないになおも望みを抱いて信じた」(ロ-マ4:16-25)と絶賛してるが、実際はこうです。

信んじた!と言っても人である以上疑うことや迷いは人の常。生まれつきの(肉)の宗教心くらいでは無理。だが、不完全でも信仰だ。何故って?そりゃ完璧に越したことはない。でも、そんな我々に対して人の側に立つ救世主=完全な神イエスさまが、信じる者の「不完善」を自分の「完善」で埋め尽くして死ぬまで完全だと認めてくれる!否、死んだ後までも通じる完全!霊の人とは恵みのイエスを信じるために生まれた人。イエスはキリスト(救い主)。愛する皆さん、メシア(救い主)ってそうしてくれる人のことを言うんですよ。アブラハムの神とイエスさまは同一の神です!


2017.11.25 Saturday 06:29
今日のことば comments(0)
【使える、仕える高齢者ァ
(創世記15:2-6)
・・・見よ、主の言葉があった。「その者があなたの跡を継ぐのではなく、あなたから生まれる者が後を継ぐ。」主は彼を外に連れ出して言われた。「天を仰いで、星を数えることができるなら、数えてみるがよい。」そして言われた。「あなたの子孫はこのようになる。」アブラムは主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。主は言われた。「わたしはあなたをカルデヤのウルから導き出した主である。わたしはあなたにこの土地を与え、それを継がせる。」

【チョッと一言】
アブラム七十五歳。妻のサライ六十五歳。カルデヤのウル出立の時にこの約束はもらっていました。跡継ぎのいない二人。あれからずっと待てど暮らせど実現せず、高齢化が進み、生まれつきの肉の面、一般的常識からだと「生まれるはずない」「不可能」との思いに駆られるところで久しぶりに主なる神からの言葉をもらって期待がよみがえったのです。主なる神を信じて彼は義とされました!

彼らの願い以上にこの件に関しては、アダム→アブラム→イスラエル→モーセ→イエス→教会(霊的イスラエル)と続く全世界の救いのための神の意志、主権的計画の重要な一つです。


2017.11.24 Friday 06:29
今日のことば comments(0)
<< 2/138PAGES >>